男性女性

雨漏りや防水工事をして大切な我が家をしっかり守ろう

雨漏りを防止するためには

作業員

防水工事をする場合にはシートとシート以外の工法がありますが、シート以外の工法ではウレタン防水が高い人気を誇っています。また、シートも人気があり、塩化ビニールシートとゴムシート FRPシートの3種類があります。これは施工しやすいのが特徴といえるでしょう。

Read More

雨漏りの解消と予防

ヘルメットを持つ人達

雨漏りは、屋根材の亀裂だけでなく、外壁やベランダの床の亀裂が原因となっていることもあります。そのため雨漏り修理では、それらの全てをコーキング材で塞ぐ必要があります。また、亀裂が入ることを防ぐ塗装が一緒におこなわれることもあります。これにより雨漏りになりにくく、見た目も良くなるのです。

Read More

家の状態を確認します

レディ

雨漏りは大雨や雪などを原因として、木が腐敗することで発生します。そのため、家の状態を確認して修理が必要なのか判断することが大切です。また、修理を依頼するときは、ついでにメンテナンスをお願いするのもいいでしょう。また、依頼の前に見積もりするのがおすすめです。

Read More

工法によって差が出る

男女

費用を安くするには

住宅の安全を守るためには、雨による被害を対策する必要があります。雨漏り対策で多いのが屋上に防水加工を施す処置です。しかし、屋上だけでは雨漏り対策として不十分だといえます。屋上と同じくらい雨漏り対策に力を入れるべき個所はベランダです。ベランダは屋上と同じくらい雨にさらされます。雨漏り対策が十分でないと雨漏りをしてしまうのです。ベランダの防水加工は業者に依頼する必要があります。防水加工には色々な種類があるため、費用が違ってきます。雨漏り対策をしたいベランダの状態に合わせた防水加工が一番効果的なため、多少高くてもベランダに合った防水加工を施しましょう。ベランダに適していない防水加工を施しても、雨漏りを防ぐことはできないため、何度も業者にベランダの防水加工を依頼する羽目になります。

寿命が違う

ベランダの防水加工は工法によって寿命が違います。長い期間雨漏り対策をしたいのであれば、通常よりも高額な工法を選ぶ必要があります。高いほど寿命が長いといえるので、予算と相談して決めましょう。安い工法だと寿命が短い場合があるので気を付ける必要があります。業者にベランダの防水加工を頼むときはコストパフォーマンスを重要視しましょう。高額であっても寿命が長ければ一回工事するだけで、10年以上も持つ工法があります。安い工法だと数年おきに工事をする必要があります。長寿命の方が良いのかそれとも短い寿命の方が良いのかを費用と寿命のバランスで考えると、予算に合った工法を選ぶことができます。工法の寿命を知ることで、費用を少なくすることも多くすることもできるのです。